毛穴詰まりを除去する洗顔方法は?

皮脂・テカリ【最新&最強アプローチ法】 > 角栓詰まりを除去する洗顔方法
古い角質と皮脂が混じり、毛穴が詰まる

皮脂と古い角質が毛穴のなかで混ざってできるのが角栓です。

おもに皮脂分泌が盛んなおでこから鼻にかけてのTゾーンに角栓はたくさんできますが、ひどい人は鼻の毛穴にびっしり詰まってイチゴのようになっています。 男性にも多いですし、女性にも多いです。とにかく目立つし悩みの種になりますよね。

毛穴パックを使うと毛穴に詰まった角栓は本当によく取れるんですけど、粘着力が強い分、パックを剥がすときに皮膚の角質層もろとも剥がしてしまうので ダメージが大きく、繰り返して使うと鼻が真っ赤になって赤みが残ってしまうこともあります。

毎日の洗顔と週1のスペシャルケアで角栓除去

角栓を溜めない洗顔と溶かす洗顔がある

毛穴の中に角栓ができると毛穴が押し広げられるので毛穴が目立ってきます。

角栓ができるのを防ぐというのはまず最優先して取り組まないといけないことなので、日々分泌される皮脂を洗顔で取り除いていくことが基本になります。 ここで気をつけたいのはこすらないことです。こすらずとも皮脂は落ちます。

ぬるま湯洗顔だけで最初は試してほしいのですが、どうもそれでは角栓ができるペースが落ちないということであればクレイ洗顔をやってみてください。 毛穴の奥の汚れを吸着させるということであれば泡洗顔よりもクレイの吸着力のほうがよく、合成界面活性剤が配合されていないので肌への負担も少ないからです。

普通肌の場合、クレイ洗顔をするとまず角栓などはできないと思いますが、思春期やオイリー肌の人になるとそれでもまだ物足りなくて角栓ができてしまうことがあります。 そういうときにおすすめなのが週1回のスペシャルケアです。

肌への刺激を考えるとクレイマスクがおすすめですが、酵素洗顔といった角栓のタンパク質を溶かす洗顔も効果的です。 毎日の洗顔にこうした週1回のスペシャルケアを加えればたいていの角栓は除去できるはずです。

これ以上のケアを加えると逆に今度は刺激によるダメージや乾燥といった弊害のほうが強くでてくると思うので、状態をキープできるのであれば、とりあえずここまでで様子をみるようにしてください。

毛穴パックは月2回程度が限度

角栓が一番よく取れるのは何とっても毛穴パックです。

あまりによく取れるのでそれが快感になって何度も使う人がいるんですが、それはちょっと気をつけたほうがいいです。というのも角栓をパックで引きはがす刺激はかなりのもので、 頻繁に繰り返すと余計に毛穴が広がってしまうことがあるからです。

ただ、毎日洗顔や週1のスペシャルケアをしていても角栓がどんどんできてしまって現状維持すらままならないという場合、 そのまま放置してしまうのも角栓が毛穴を押し広げてしまうので、毛穴パックで除去したほうがいい場合もあります。

ただし、毛穴パックは月2回が限度です。できるだけダメージを緩和するためにお風呂上りの皮膚が柔らかくなって毛穴が開いている状態で行ってください。 オロナインを塗るとよく取れるという噂もありますが、余計なことはしなくていいです。

角栓を取った後の毛穴というのは中身がなくなってパカッと口を開いた状態になっていると思います。これが目立ってしまうのは正直どうしようもないです。 ビタミンCに毛穴を引き締める作用があるようですが、期待できるほどの効果はないと思います。

思春期の場合はホルモンバランスが整って落ち着くと皮脂腺も小さくなるので鼻の毛穴も小さくなって目立たなくなっていきますが、 それ以外のケースだとそれが通常の毛穴サイズということになるのでそのままの大きさで変わりません。

収れん化粧水や冷たい化粧水をつけたところで引締め効果は一時的で30分後には元通りだと思います。毛穴用の下地などで隠すほかありません。

このページのまとめ
  • 皮脂と古い角質が毛穴のなかで混ざってできるのが角栓です。
  • 毛穴汚れを溜めないためにはクレイ洗顔がおすすめ
  • 毎日の洗顔と週1回のスペシャルケアで角栓は除去できるし、予防できる。
  • 角栓をそのまま放置するのはNG。月2回までなら毛穴パックは使ってOK

毛穴が詰まっても目立つし、角栓を除去しても毛穴がパックリ開いて目立つのがやっかいなところ。 大人になってもパックリ毛穴が目立って気になる場合は、ケミカルピーリングやイオン導入、レーザー治療などの美容医療の力を借りるしか毛穴を小さくする方法はないかもしれません。