どうしてテカったり、化粧崩れしてしまうのか?

皮脂が過剰な肌はメイクも決まらない!

おでこや鼻がテカテカして光っている。あだ名は「みのもんた」。辛いですよね。

過剰に皮脂が分泌された肌はテカっているだけでなく、ファンデーションをつけてもすぐに脂が浮いてきて、崩れてしまうという悩みをもっているはずです。 汗や皮脂に強いベースメイクアイテムも大切ですが、出先で使えるテカリをおさえる方法や崩れを予防するケアを知っておくと役立つと思います。

テカリや崩れのメカニズムを知ってしっかり対策するようにしましょう。

テカリと化粧崩れの原因はキメが問題だった!

キメに問題はありませんか?

皮脂が肌表面の多い肌というのは光の照り返しが強いためテカりやすいです。

これにさらに輪をかけるのがキメの乱れです。キメの溝の深さや間隔がバラバラだったり、凸部分の盛り上がりが不揃いだったりすると光の照り返しも乱れるためギラギラした印象になります。

そもそもオイリー肌は皮脂過剰の影響でただでさえ毛穴が開いているのでキメが粗く見える傾向があり、また過酸化脂質が生成されやすいことから、 その刺激でターンオーバーが乱れて健康な角質細胞がつくられず、肌表面がゴワゴワしてキメが粗い状態になっていることが多いです。

そうしたただでさえ多い皮脂とキメの粗さがテカリの原因になっているわけです。

脂性肌の人は特にテカリを気にして一日に何度も洗顔をしたり、ゴシゴシ洗いをしていることが多いと思いますが、その肌をこする摩擦のせいで肌のキメがなくなってしまっていることが多いです。

キメが乱れたり、なくなってしまった肌というのはファンデーションを塗ってもまったく密着しません。 皮脂が多いから崩れると思っている人も多いと思いますが、実は肌のキメがないせいで化粧崩れしやすいとも考えられるんです。

日中でてくる皮脂は除去と吸収がポイント

出てきてしまう皮脂はとめようがないので、出てきたらこまめに取ることが大事です。皮脂そのものよりも皮脂を放置することで酸化してしまうのが怖いのでティッシュや脂取り紙を使ってこまめに取りましょう。

よく脂取り紙を使うと余計に皮脂が出るという話もありますが、それは余分な皮脂だけでなく必要な皮脂まで取ってしまっているからです。 何事もやり過ぎはダメだということのいい例なので、これは覚えておくといいと思います。

こまめに皮脂を取ればテカリだけなら防げますが、テカリと化粧崩れを防ごうと思ったらベース作りにルースパウダーを使うのがおすすめです。 下地後、ルースパウダーを仕込んでからパウダリーファンデーションを使うとファンデーションが薄くつけられるだけでなく、ルースパウダーが皮脂を吸着してくれるので化粧崩れしにくくなるんですね。

あくまで小手先のテクニックなので、やっぱり肌のキメを整えたり、皮脂そのものを抑えるということに比べると効果は落ちますが、それでも使えるテカリ&崩れ予防のテクニックだと思います。

皮脂は肌を乾燥から守るものですからそれを止めるというのは無理です。テカリや化粧崩れに悩まされているという場合は、過剰に皮脂を分泌させないためのケアと出てしまったものをきちんと取るという2つのケアが重要です。

このページのまとめ
  • テカリと化粧崩れの原因を知ることが大事!
  • 肌のキメがテカリを悪化させたり、化粧崩れの原因になっている。
  • 脂取り紙では余分な皮脂を取る。やり過ぎに注意。
  • ベース作りにルースパウダーを使うと効果あり。

肌のキメがテカリや化粧崩れの原因になっているというのは知らなかった人も多いのでは?皮脂を吸収されるティシュッは1組を2枚に裂いてから 使うと皮脂の吸収具合がよくわかるのでおすすめです。