ストレスが皮脂分泌に与える影響は大きい

皮脂・テカリ【最新&最強アプローチ法】 > ストレスとホルモン対策
交感神経が優位になることで皮膚が過剰に分泌される

緊張すると汗をかくという人は多いと思います。

その理由いうのは毛穴の中の組織(汗腺・皮脂腺)が交感神経の影響を受けるためで緊張というストレスがかかることで汗腺が活発になるからです。 皮脂についても同じことがいえて、ストレスがかかると皮脂腺が刺激されるので皮脂の分泌量が増えるんです。

さらにストレスで自律神経が乱れることで同じ視床下部から命令が出ているホルモン分泌にも影響がでるので ホルモンバランスが崩れることでもまた皮脂分泌が促されることがあります。

ストレスが男性ホルモンの影響力を強める!?

ストレスとホルモンバランスの関係について

ストレスに対する過剰な体の反応というのはもともと外敵に遭遇したときに自分の命を守るための防衛反応だったといわれています。 体を興奮状態におくことで外敵の脅威に対して立ち向かっていたわけです。

ただ、このストレス反応といえるものはあくまで外敵の脅威が去るまでの極めて短い期間だけ働くことを前提に人体にプログラミングされているものなので 現代人のようにストレスが長期間続くということを想定されてはいません。

そのためかつては命を守るものだったストレスに対する身体の反応というのが今では逆に体を蝕むものになっているというのが実情です。

ストレスが皮脂に及ぼす影響というのは2つあって、1つは皮脂腺の近くに自律神経があって交感神経が優位になると皮脂腺が刺激されて過剰に皮脂が分泌されてしまうということ。 もうひとつはホルモンバランスを乱す原因になり、それで皮脂が増えてしまうというものです。

皮脂分泌に影響している男性ホルモンは女性にも微量ながら存在します。女性ホルモンのエストロゲンには皮脂抑制作用があり、 普段はこのエストロゲンが男性ホルモンを抑え込んでいるわけですが、ストレスによるホルモンバランスの変化でエストロゲンの分泌量がちょっと変わってしまうだけでも、 男性ホルモンの影響力が出てきてしまって皮脂分泌が促されるということがあるんです。

女性は他にも生理前に増える黄体ホルモンの影響でも皮脂量が増えます。肝臓が弱っていたりするとよりこの黄体ホルモンの影響が強くでてしまい、 むくみだったり皮脂の分泌量が増えるなどの症状があらわれるといいますからお酒が好きな人や疲れ気味の方は注意したほうがよさそうです。

ストレスにはビタミンCが効く

ストレス対策にはひたすら寝るという人やカラオケで大声で歌ったり、お笑いのDVDを見たりと人それぞれでいろいろな方法があります。 暴飲暴食以外なら正直何でもいいと思います。

そんなストレス対策のなかで皮脂の抑制にも直接つながるということもあって紹介しておきたいのがビタミンCの補給です。 ビタミンCは抗ストレスホルモンの合成に不可欠な成分であり、ビタミンCを実際に補給したところストレスの数値が下がったという実験データもあるんです。

もう少しこのビタミンCのストレスに対する効果を解説するとストレスの指標であるコルチゾールを低下させて、いい気分や幸福感をもたらすエンドルフィンといった 脳内物質の分泌を促すということが確認されているということなんです。

スキンケアとして利用してもビタミンCは毛穴を引き締めたり、皮脂を抑制したり、強い抗酸化力で活性酸素を除去してくれたりと過剰な皮脂に悩む人にとっては ありがたい有効成分なんですが、内服しても紹介したように体の内側からストレス対策に役立ってくれるということなんですね。

本当にストレスが溜まっている場合などはクリニックに行ってビタミンC点滴やビタミンC注射をすると効果抜群ということらしいんですが、 普段の食生活からビタミンCを含む野菜や果物を積極的に摂取するというのでも全く問題ないと思います。

「ハイシーL」など大量のビタミンCを摂取できる医薬品もあって簡単に手に入るのでこういったものを利用するのもストレス対策や皮脂の過剰分泌を抑制するのに役立つのでは?と思います。

このページのまとめ
  • ストレスが交感神経を優位にすると皮脂分泌が増加する
  • ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンの影響力が強くなることでも皮脂が増える
  • 女性は黄体ホルモンの影響でも皮脂が増えるので注意
  • ビタミンCの抗ストレス作用は非常に効果があるので是非活用したい

現代人にとってはいかにストレスと付き合っていくかというのが健康や美容を左右する問題になっています。 女性の場合、バラの香りを利用したり、イソフラボンといったホルモン様物質の力を借りてホルモンバランスを整えるというケアも効果的です。